松武秀樹とシンセサイザー「限定愛蔵版」 MOOG III-Cとともに歩んだ音楽人生
other
58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632 58aac35d00d33130a0002632

松武秀樹とシンセサイザー「限定愛蔵版」 MOOG III-Cとともに歩んだ音楽人生

¥4,104 税込

送料についてはこちら

限定愛蔵版:3,000部限定 81年刊『たった1人のフルバンド』(絶版)が特典として付く2in1スリーブ仕様 <主な内容> ☆松武秀樹が約35年ぶりに書き下ろす、 自らのヒストリーとシンセサイザーの未来 ☆スペシャル対談 冨田勲×松武秀樹 砂原良徳×松武秀樹 ☆シンセ設計者に会いに行く ヤマハ/ローランド/コルグ ☆ディスコグラフィーで振り返る松武秀樹ワークス (『電子音楽in Japan』著者・田中雄二氏が原稿を執筆) ☆特別対談・お酒作りと音作りは同じなのか? 柳達司(清酒製造/菊姫合資会社代表)×松武秀樹 故・冨田勲とのラスト師弟対談収録! 「松武くんのような(シンセサイザー・プログラマーの)仕事は、確かにこの国の音楽の一時代を支えたのかもしれないけれども、これからはどうなんだろうか? 願わくば、そうした仕事というか能力が もっと認められるようになっていったらいいのにと思うよ」 ――冨田勲(本文より) 著者:松武秀樹について http://mttklogic.jp/?p=87